スポーツ別症状

野球選手に多い症状

RSSを購読する

野球肩

投球動作とは全身運動なので、一概に部分的な故障によって痛みが発生することを定義づけすることは難しいことである。体型、筋力に個人差があるためである。またテニスのサーブ動作、バレーボールのスパイク動作等も同じである。ここでは一般的な考え方を紹介する。
痛みの発生する動作期にポイントを置く。
コックアップ期(振りかぶり)〜加速期
1、肩前面に痛みの発生する場合
手関節を伸展させ、肘は屈曲、前腕は回内位、肩は外転、最大外旋、この位置から前方に加速されていく。
この時期は肩前方に痛みが派生することが多い。
上腕二頭筋長頭腱炎、腱板損傷の可能性が高い。またこれが原因で肩峰下滑液胞炎を発症いている場合が多い。
 
2、肩関節後面から上部に痛みの発生する場合
インナーマッスルの疲労が原因で起こる。肩甲骨の動きとも関連している。ホームの癖等に関係してくるので、ホームチェックも必要である。
 
フォロースルー期(肩後面に痛みが発生)
投球動作による腕が前方に抜けるのを防ぐために起こる筋疲労である。
主に棘下筋の疲労による。
詳しく見る

野球肘

投球動作等による負荷で肘の内側(尺骨側)に痛みが発生する。
オーバーユースが主の原因である。また変化球を多投した場合にも起こりやすい。
詳しく見る

腰痛

一般的な腰痛の種の原因は腹筋と背筋のバランスの崩れが原因です。
競技選手に起こる腰痛は、オーバーユースが主原因です。
急性で重篤なものはぎっくり腰と呼ばれ、動くことができない場合もあります。
主原因は脊柱起立筋の疲労です。脊柱、骨盤の歪みにも原因があります。
前屈時痛は筋膜、後屈時痛は筋肉に原因がある場合が多いです。
 
野球の場合はスイング動作(ひねり)によっての痛みの発生が多い。側部から背部にかけて発生する。
詳しく見る

アキレス腱炎

アキレス腱炎は一つの腱鞘炎です。
下腿三頭筋(ふくらはぎ)の疲労により、腱と腱鞘の摩擦による痛みです。
野球選手の場合、つま先接地で走ることが多いので起こりやすい。ランニングホームの改善も必要である。
詳しく見る

腱鞘炎

筋肉の付着部付近は腱と呼ばれ、腱鞘と呼ばれる鞘(さや)に包まれて骨や靭帯に付着します。
疲労した筋肉は筋繊維の収縮率の変化により、歪んだ収縮になり、腱と腱鞘部に摩擦が発生し痛みになります。
筋疲労による症状は筋肉の付着部付近に発生する場合が多いです。
バットをしっかり握ってのバットスイングでは、とくに尺側(小指側)に発生するケースが多いように思われる。
詳しく見る

筋膜炎、肉離れ

筋肉の各場所で起こる可能性がありますが、特に足に起こることが多いように思われます。
疲労がたまっていた筋肉に強い負荷がかかることによって起こります。
比較的軽度なものは筋膜炎。重度なものが肉離れと呼ばれます。
競技特性によって発生する場所が限定されてきます。
慢性的な疲労が一番の要因となるので、常にメンテナンスを心がけることが大切です。
ランニングホーム等の動作の癖にも大きな要因があるので、正しい動作を行うことも予防につながります。
筋膜炎、肉離れ
詳しく見る

足関節捻挫

主に内側にひねる内反捻挫が多い。捻挫というのは一度脱臼しかけたものが元に戻った状態ですので、関節周囲の組織破壊が起き、水の流出や内出血が起こります。
そのことにより炎症や腫れが起こってきます。
足関節捻挫
詳しく見る

スマ-トフォンサイトを表示する