スポーツ別症状

格闘家に多い症状

靭帯損傷

関節技がある競技において発生しやすい。
関節には動作制限をするために、靭帯が存在するが、強い負荷によって、伸びたり、損傷をする。
伸びたり、損傷した場合、関節が通常動かない方向へも動いてしまう。

≪注意≫
伸びてしまった場合、初回の処置が大変重要です。しっかりと固定をして安静にし、完全に痛みが無くなるまで
固定を継続する。
切れてしまった場合には再生手術が必要である。
一覧へ戻る
スマ-トフォンサイトを表示する