スポーツ別症状

陸上選手に多い症状

膝蓋腱炎(膝蓋靭帯炎)、ジャンパーズ・ニー

膝蓋骨と脛骨を結ぶ、腱に炎症が起き、膝蓋骨下部に痛みが発生します。
また膝関節を曲げ伸ばしすることにより負荷が多くなり、痛みが発生します。
大腿四頭筋の疲労とも直接関係しています。

運動後患部を冷やすことも大切であるが、大腿四頭筋を緩めることでかなり改善します。

≪注意≫
中学生、高校生の成長期に発症するオスグット・シュラッテル病も主原因は同じで、大腿四頭筋と膝蓋靭帯に引っ張られて、付着部の脛骨前面が変形をお越し盛り上がってくるものです。
運動痛、接触痛があり運動禁止になったりしますが、大腿四頭筋を緩めていくことによって軽減できるし、運動継続も可能です。
一覧へ戻る
スマ-トフォンサイトを表示する